2016年9月29日

「ゴジラ起源考」

Posted by fische in History, Theory

新しい論文「ゴジラ起源考」(千葉大学大学院人文社会科学研究科編『千葉大学人文社会科学研究』第33号、千葉大学大学院人文社会科学研究科、2016年9月30日、44–60頁)を発表しました。どうぞご覧ください。

要旨 ゴジラ映画は、1954年の1作目ののち30作品近くが公開され、多くの観客を動員してきた。また、ゴジラ論もよくおこなわれてきた。本論は、香山滋の原作「G作品検討用台本」を中心に、ゴジラの起源を考察した。その結果、原作にある、熱河省、元北京大学教授、大戸島と、映画のシーンに見えるゴジラの足跡、トリロバイトを手がかりに、ゴジラが1930年代から1940年代前半の満洲国における地質古生物学の「栄光」に内在するものであった可能性を導いた。くわえて、映画製作への地質古生物学者の関与を詮索し、さらにゴジラの物語に明暗の構造があること、登場人物山根恭平にも明暗の構造があり、明暗の展開が原作とそれ以外とでは異なることを示した。その上で、従来のゴジラ論を批判的に検討し、原作者のゴジラが「北」を起源にして「南」からあらわれ「北」に消えたことを結論するとともに、そこに「自然史の存在」としてのゴジラの完全を見た。(同論文、44頁)

内容
はじめに
1. ゴジラ論
2. G作品検討用台本
 熱河省
 恐竜化石
 元北京大学教授
 大戸島
3. 足跡とトリロバイト
 足跡
 トリロバイト
4. 地質古生物学者とゴジラ
 鹿間時夫と尾崎博
 遠藤隆次
5. ゴジラの構造
 明暗の構造
 山根の明暗
 満洲国と戦後
おわりに
 最初から可愛いゴジラ
 亡霊、台風
 植民地主義の忘却
 香山滋の「南」と「北」

Leave a reply

:mrgreen: :neutral: :twisted: :shock: :smile: :???: :cool: :evil: :grin: :oops: :razz: :roll: :wink: :cry: :eek: :lol: :mad: :sad:


2017年11月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930