棄農の風景

日曜日の研究会の予習ということもあって、20年以上おつきあいいただいている農家へ行く。見えないが、写真左の林の脇にその農場はある。一面の緑は、区画整理事業が始まり棄農が進んだ後の夏草、つまり雑草。19…

サーバ復旧

サーバマシンのクラッシュにより閉鎖していたRandom Musingsですが、サイトの再構築と主要なテキストデータを復旧しました。画像とコメントの再アップはこれからです。

昭和47年10月15日 第1刷発行

このとき、いまに喧しき問題のほとんど提出されていた。34年間は無駄だったような気さえする。著者の平易な語り口の背後に、その理論を正当かつ今日的に読みかえすことが私(たち)に問われている、と思う。 博物…

『方法としての考古学』

知らなくてもよいことを知ったとき、しかもそれが私にとっては佳きことでなく、かといって相手にどうこう言う性格のものでもなく、私のたちふるまい以外に術のないときの消耗は名状しがたいものがある。ひさしく無か…

予習1編[承前]

次回研究会の事前配布(告知)資料1編。 菅豊「どいつもこいつも!である―水産庁主催「未来に残したい漁業漁村の歴史文化財産百選」: 民俗学の道しるべ Guidepost for Folk Culture…